乳首開発

乳首開発のために、ネットで色々記事漁ってるけど、なーんかどれも似たり寄ったり。
あれ書いてる人たちって本当に乳首開発出来てんのかな。
ほら、女性のナカイキのやり方とか、イキ方とか、そういうの解説してある記事とかもあるけど、これ本当に女が体験したの書いてるのか?って疑問に思ってる。
本当は、男がただ単に知識と想像で書いてるんじゃないか?って。
もしくは、セックスもしたことない女の子が想像で書いてるとかね。
乳首開発なんかも、「誰でもできる!簡単にできる!」って書くけどさ、そんな簡単じゃないって。
最初は俺も、そういう乳首開発の記事信じて、色々試したよ?
クリ責め
だけど、そんな簡単じゃない・・・気持ちいいというのは分かるけど、その気持ち良さがセックスを上回るってことはないよ。
乳首開発なんてそもそも男がやってどうするって話だしな~。
俺、どっちかと言うと古風なタイプって思われるんだけど、最近の草食系男子とは真逆って。
かといって肉食でもないし、硬派みたいな扱いされるね~。
だけど、フツーにエッチも好きだし!乳首開発にも興味持っちゃうし!
硬派なんてカテゴリーに入れられて、高倉健みたいなポジションを与えられても息苦しい・・・。
最近は、自分のそういう雰囲気とかそのカテゴリーに入れられちゃってるから、女の子から倦厭されて、普通に女の子と話すということすらしてないからね。
みんな俺に対して敬語使ってくるしさぁ、誘おうかと思って声かけると、超ビビられてこっちが委縮しちゃう・・・。
本当はもっと愛きょうあるタイプだからね、俺・・・。
クリ勃起
乳首オナニー

ノンケのちんこ

俺の友達なんだけど、特殊技能があって・・・画像とか動画見るだけで、ノンケのちんこかゲイのちんこか見分けられるって人。
本当にそうなのか確かめることはできないけど、よくオナニー動画とかあるじゃん。
そういうの見ながら「この人、ゲイだな」とか「この人はノンケ」って。
最初は動画のタイトルとかで判断してるのかなって思ったんだけど、本人が言うには、そうじゃなくて、ゲイとノンケのちんこには、大きな違いがある、らしいよ。
「ゲイよりのノンケのちんこって場合はどうすんの?」って聞いたら、「んー、微妙だけどゲイって判断しちゃうかも」って。
その見極め方を聞いたけど、俺はよく分かんなかったんだよね。
フェラされたいノンケ
友達の言葉をそのまま引用すると「ゲイのちんこは、ノンケのちんこと違って、感情が豊か」なんだって。
ノンケのちんこは、表情があんまりないように感じるんだって。
で、ゲイのちんこはもっと自己主張が激しいって。
その感覚、分かんないかも・・・ちんこの自己主張って何?俺、あんまり意識したことないけど!
「だからお前はノンケなんじゃないの?」って言われたけど、それもよく分からんかった。
ゲイはもっとちんこに意識向けてるってことなのかな。
ちんこに意識を向けると、ちんこが自己主張をしてくる?と?
いや、その突飛な論理はどうよ?って笑ったんだけどね。
その話を別の友人に笑い話、ネタとして話したら、その別の友人までもが「あー、なんかなんとなく言わんとしていることは分かるな」って納得してんだよ。
お前ら・・・もしかしてゲイか?
ちんこ動画
フェラ動画

プチ援

僕が育ったところは何にもない町でね、娯楽と言えば漬物とかコロッケしか売っていない商店街の中にあったゲームセンターくらいのものだった。
だから地元の学校を卒業したら、さっさと都会に行っちゃう奴らが多かったね。高校の同級生で僕のようにいまだに地元に根を張っているのは誰もいないんじゃないかな。僕も地元に未練があるわけじゃないのだけど、地元の再開発事業に携わっていてね、離れたくても離れられないのが実情なんだ。
で、あの古びた商店街を取り壊して郊外型のショッピングモールを建設する、と言う話が持ち上がってきたのだけど、これが結構難航していた。商店街の人たちが誰も土地を売ろうとしないわけ。1個50円のコロッケや、1回100円のゲームなんかで生計を立てられるわけがないにもかかわらず、彼らが頑として首を縦に振らないのは、利益うんぬんよりも愛着なのだろうと思っていた。
僕も調査を兼ねて久しぶりに商店街に出入りしてみた。建て直しとかも一切していないから、子供の頃に遊んでいた光景と全く変わらなかった。ある意味、文化遺産として保護対象にしてもいいんじゃないか?と思うくらい未だに昭和な雰囲気だった。
プチ援をTwitterで募集していたJKに騙されて学んだフェラ友の作り方
そんな中でゲームセンターだけがなぜか繁盛していた。誰もゲームなんてしていないんだけど、老若男女がそれぞれ席に座ってドリンク片手に談笑しているんだ。いかにも頑固そうなあのコロッケ屋のおやじも、JKと同じ席に座って頬を緩ませまくっているんだよ。なんだこれは?と思った。
ちょっと取材も兼ねて調べてみると、なぜかゲームセンターが「出会いの広場」になっていたんだ。中にはプチ援している女の子もいるらしい。ここに集って異性をナンパするのもよし、おっさん相手にプチ援して小遣い稼ぎするのもよし、風俗なんてない町だからこんなところにエロ方面のコミュニティーがあったわけだ。何となく、コロッケ屋のおやじたちがこの場所を売りたくないのもわかる気がしてきた。
でも、よくよく考えてみたら、僕の今の奥さんもこのゲームセンターでプチ援やってたところをひっかけたのが出会いのきっかけだったんだっけ。やっぱり文化遺産として保護登録したい気持ちの方が強くなった一幕でした。
セックスしたい
セックスフレンドの探し方

22歳男子大学生のせふれ日記

忙しかった大学での卒業論文も終わり就職先も無事に決まった頃、私は何だか物足りない気分になっていました。
それは、青春真っ盛りの大学時代にオトコとして楽しんだ思い出を何一つ作ることができなかったためです。
大学での研究は充実していましたし就職先も第一志望の大手企業に決まりましたが、女性とのふれあいを楽しめていなかったことを卒業前に悔やんでいました。
このままでは社会に出てから仕事で忙しく、女性と出会う暇など無いだろうと危機感を覚えた私は、何とかして女性と触れ合う術は無いかと考えました。
考え抜いた結果、地元のせふれ募集掲示板でセフレとの出会いを求めるということを思いつきました。

しかし、当時純粋だった私にはせふれの作り方など分かるはずもなく、研究でお世話になった教授に詳しく教えてもらうことにしました。
教授は自他共に認めるプレイボーイでしたので、きっとせふれの作り方を教えてくれるだろうと思ったからです。
教授によると、せふれとの出会いは自分の本能に従ってテンポ良く頑張ることが必要だという、非常にありがたいお言葉をいただきました。

教授は、せふれ 【作り方・掲示板での募集体験談】29歳独身男性会社員というサイトのやり方を参考にしているそうです。

そのサイトを教えてもらい、私は早速、検索でたどり着いたせふれ募集掲示板でセフレを見つけることにしました。

せフレを探すに際して、まずは自分の本能についてじっくりと考えることにしました。
じっくりと考える間もなく、瞬時に「熟女」というキーワードが頭の中に浮かびました。
私の本能は熟女を欲しているのだとその時になって気が付きました。
それからの作業は非常に手早く行うことができ、自分でも驚くほど短期間でセフレを見つけることができました。

相手は48歳の油が乗った美魔女で、待ち合わせ場所へ向かう前から興奮が収まりませんでした。
実際に会ってみると、掲示板に掲載されていた写真どうりの美人で私は感激してしまいました。
本能のまませふれと楽しんだ後は連絡先を交換して、その女性は今でも大切なせフレの一人です。

30歳主婦パートの出会い系サイト利用日記

私は昼間はドラッグストアでパートをしている主婦です。
シフト制なので、平日が休みの時が多くなります。
しかし主人は会社で残業、子供は学校から帰って塾に出かけるので、夜まで全く暇になることもあります。

そんな時にハマったのが出会い系サイトでした。
出会い系サイトでは、平日の昼間でも出会いを求めている男性が多くいます。
しかも私が住んでいる街のすぐ近くの場所だったりするのです。

そこで私が出会ったのは、5つ年上の在宅起業家という男性でした。
最初は掲示板でのやりとりだったのですが、個人的にメールを送ってくる様になりました。
有料サイトで私にメールを送ってくれるということで、段々彼に興味を持つようになったのです。
彼は水曜日が暇だということで、思い切って会う約束を取り付けました。

実際に会った彼はちょっと頭が薄めでしたがとてもハンサムで、笑顔がステキでした。
カフェでお茶をして30分くらいお喋りをして、その後街中を散歩、そしてその日は別れました。
もしかしたら彼はそれ以上のことを期待していたのかも知れませんが、特に強引な様子もありませんでした。

出会い系は不思議なもので、それからすぐに彼からまたお誘いがあり、何度か会うようになっています。
もちろん何度か関係もあります、しかし本当にドライで、まるで親友の様に思える彼なので長続きしています。